セキュリティニュースまとめる君 Github
incident
2023-05-03 14:33:29

被害状況

事件発生日不明
被害者名Brightline
被害サマリBrightlineのファイル共有プラットフォーム「Fortra GoAnywhere MFT」にゼロデイ攻撃を仕掛けたClopランサムウェアにより、受診情報が含まれるデータが盗難され、783,606人が被害を受けた。
被害額不明(予想:数百万ドル以上)

攻撃者

攻撃者名Clopランサムウェア
攻撃手法サマリFortra GoAnywhere MFTのゼロデイ攻撃
マルウェアClopランサムウェア
脆弱性Fortra GoAnywhere MFTのゼロデイ脆弱性(CVE-2023-0669)

vulnerability
2023-05-03 13:45:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Google Accounts
脆弱性サマリGoogleがPasskeysを導入し、Google Accountsにおいて、伝統的なパスワードを使用せずにアプリやウェブサイトにサインインできる。
重大度なし
RCE不明
攻撃観測なし
PoC公開なし
GoogleがPasskeysを導入し、Google Accountsにおいて、伝統的なパスワードを使用せずにアプリやウェブサイトにサインインできる方法を提供している。Passkeysは、FIDO Allianceに支えられた認証方法で、従来のパスワードを使用せずに、コンピューターやモバイルデバイスをバイオメトリクス(指紋認証や顔認証)やローカルPINでアンロックすることができる。Googleは、「パスワードとは異なり、Passkeysはフィッシングのようなオンライン攻撃に耐性があるため、SMSワンタイムコードのようなものよりもセキュリティが高い」と述べている。

incident
2023-05-03 13:27:00

被害状況

事件発生日2023年5月3日
被害者名台湾、タイ、フィジー、フィリピンの政府、医療、テクノロジー、製造業界の組織
被害サマリ中国国営のサイバースパイ集団であるEarth Longzhiが新しい攻撃キャンペーンを開始。BEHINDERウェブシェルを展開し、CroxLoaderなどの追加ペイロードをドロップして攻撃。DLLシドローディング、BYOVD攻撃、ドライバーサービスのインストールなどの攻撃手法を使用していた。また、スタックランブリングと呼ばれる一種のDoS攻撃を行い、ターゲットされたアプリケーションをクラッシュさせていた。VietnameseとIndonesianのデコイドキュメントも確認されており、将来的にはこれらの国のユーザーを狙う可能性がある。
被害額不明(予想なし)

攻撃者

攻撃者名中国国営のサイバースパイ集団Earth Longzhi
攻撃手法サマリBEHINDERウェブシェル、CroxLoader、DLLシドローディング、BYOVD攻撃、スタックランブリングを使用
マルウェアBEHINDERウェブシェル、CroxLoader、SPHijacker、Roxwrapper、BigpipeLoader、dllhost.exe
脆弱性zamguard.sysやRTCore64.sysなどの脆弱性を利用

vulnerability
2023-05-03 12:57:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Google Accounts
脆弱性サマリGoogleはGoogleアカウントにパスキーのサポートを追加し、パスワードや2段階認証なしでログインすることを可能にする。
重大度なし
RCEなし
攻撃観測なし
PoC公開なし

vulnerability
2023-05-03 12:57:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Googleアカウント
脆弱性サマリGoogleは、すべてのサービスとプラットフォームでGoogleアカウントに対するパスキーのサポートを追加した。これにより、ユーザーはパスワードを入力することなく、パスキーを使用してGoogleアカウントにログインできる。
重大度なし
RCE
攻撃観測不明
PoC公開なし
GoogleはすべてのサービスとプラットフォームでGoogleアカウントに対するパスキーサポートを追加した。ユーザーはパスワードを入力することなく、パスキーを使用してGoogleアカウントにログインできる。パスキーは端末に紐づき、PINやバイオメトリック認証(指紋または顔認証)でアンロックできる。また、パスキーがクラウドにバックアップされ、他のデバイスへ移行するときも容易に使用できる。これにより、より安全で便利なオプションが提供される。

other
2023-05-03 10:58:00
1. 「The Hacker News」は、3.45 million人以上の人々にフォローされている、信頼できるサイバーセキュリティのニュースプラットフォームである。
2. 中小企業はサイバー攻撃の危険性が高く、SMBは専任の内部IT担当者を持っていないため、サイバー犯罪者が中小企業を重点的に狙うことが多く、SMBは侵入防止やリスク軽減、攻撃の影響の緩和のための専門的なC-レベルのサイバー支援を得るために購読またはレターリテイナーを支払うことにますます意欲的になっている。
3. Virtual Chief Information Security Officer (vCISO)サービスは、CISOの本来の業務の一部しか提供しないサービスプロバイダが多いが、CISOの全範囲を提供することで、高く評価され、より多くの収益を生むことができる。
4. 「What does it take to be a full-fledged Virtual CISO?」 という本は、いくつかの最高のvCISOから得た答えを提供し、高度なスキルを持つ専門家を追加することなく、サービスを拡大し、スケーリングする方法を紹介している。
5. 「The Hacker News」は、Twitter、LinkedInなどのメディアで、他にはない独自のコンテンツを投稿している。

incident
2023-05-03 10:58:00

被害状況

事件発生日2023年5月3日
被害者名不明(国籍も不明)
被害サマリフランス、オーストリア、英国、米国、ドイツ、スイス、ブラジル、ポーランド、オランダで288人の身柄を拘束し、現金や仮想通貨、850キロのドラッグ、117個の銃器を押収した。被害者が不明である。
被害額$53.4 million

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリダークウェブでの麻薬売買
マルウェア使用されていない
脆弱性不明

other
2023-05-03 09:24:00
1. AppleとGoogleが共同で業界標準規格を策定し、AirTagsなどのデバイスを使用した無許可のトラッキングからユーザーを警告することを目的としている。
2. この規格は、異なるベンダーからのBluetoothロケーショントラッキングデバイスに対する互換性を提供し、不正なトラッキングの可能性を最小限に抑えることを目的としている。また、Samsung、Tile、Chipolo、eufy Security、およびPebblebeeなどが参加している。
3. この規格には、アクセサリの所有者の検証可能な(しかし、曖昧化された)ID情報(電話番号またはメールアドレスなど)とアクセサリのシリアル番号が含まれるペアリングレジストリの使用が含まれる。
4. この規格では、所有者がペアリングを解除した後、データを少なくとも25日間保持する必要があり、法執行機関が正当な要求を提出した場合に利用可能になる。
5. モバイルエコシステムの両方で、不正なトラッキングアラートのための製品実装が年末までにリリースされる予定であり、AppleとGoogleは関心のあるパートナーからのフィードバックを募集している。

vulnerability
2023-05-03 07:30:00

脆弱性

CVECVE-2018-9995
影響を受ける製品TBK DVR4104およびDVR4216(CeNova、DVR Login、HVR Login、MDVR Login、Night OWL、Novo、QSee、Pulnix、Securus、XVR 5 in 1を含む)
脆弱性サマリ5年前の未解決の脆弱性によるTBK DVRデバイスの認証バイパス。遠隔攻撃者は、ユーザー権限を上回る特権を取得し、最終的にカメラ映像のアクセスまで行える。
重大度
RCE
攻撃観測有(2023年4月に5万回以上の試行あり)
PoC公開
TBK DVR4104およびDVR4216(CeNova、DVR Login、HVR Login、MDVR Login、Night OWL、Novo、QSee、Pulnix、Securus、XVR 5 in 1を含む)には、CVE-2018-9995という、認証バイパスの未解決脆弱性があり、一部のTBK DVRデバイスが攻撃者にアクセスされ、カメラ映像を監視されるおそれがある。Fortinetによると、2023年4月に5万回以上の試行が観測された。PoCが公開されているが、解決策はない。また、MVPower CCTV DVRモデルにも重大度が高いCVE-2016-20016の脆弱性が存在するという警告がなされている。

vulnerability
2023-05-03 05:07:00

被害状況

事件発生日2023年5月3日
被害者名不明
被害サマリME RTUリモート端末ユニットの脆弱性が発見された。低い攻撃の複雑さにより、攻撃者による遠隔コード実行が可能。攻撃者によるコマンド・インジェクションが原因。INEA ME RTUファームウェアのバージョン3.36以前に影響がある。
被害額不明(予想:数百万円から数千万円)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリコマンド・インジェクション
マルウェア特定されていない
脆弱性INEA ME RTUファームウェアのバージョン3.36以前に存在するコマンド・インジェクションの脆弱性(CVE-2023-2131)

脆弱性

CVECVE-2023-2131
影響を受ける製品INEA ME RTU firmwareの3.36バージョンより前
脆弱性サマリINEA ME RTUリモートターミナルユニットのコマンドインジェクションによる遠隔コード実行の脆弱性
重大度10.0 (CVSS)
RCE
攻撃観測不明
PoC公開不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423424425426427428429430431432433434435436437438439440441442443444445»(全4445件)