セキュリティニュースまとめる君 Github
vulnerability
2024-01-11 15:28:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品GitHub
脆弱性サマリGitHubを悪用した悪意のあるペイロードのホスティングやC2、データの送信が増加している
重大度不明
RCE不明
攻撃観測
PoC公開

vulnerability
2024-01-11 15:01:46

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品なし
脆弱性サマリAkiraランサムウェアがナスとテープバックアップ装置を消去する
重大度不明
RCEなし
攻撃観測
PoC公開不明

vulnerability
2024-01-11 14:16:00

脆弱性

CVECVE-2023-51467
影響を受ける製品Apache OfBizオープンソースERPシステム
脆弱性サマリApache OfBizの脆弱性を悪用し、メモリ内に搭載されたペイロードを実行可能
重大度
RCE
攻撃観測
PoC公開不明

vulnerability
2024-01-11 14:00:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品webサーバ、クラウドサービス、コンテンツ管理システム(CMS)、SaaSプラットフォーム(Amazon Web Services、Microsoft 365、PayPal、Sendgrid、Twilioなど)
脆弱性サマリFBotと呼ばれる新しいPythonベースのハッキングツールが、クラウド、SaaS、およびWebサービスを狙い、認証情報を収集してアカウントを売買するために使用されている。
重大度
RCE不明
攻撃観測不明
PoC公開なし

other
2024-01-11 11:43:00
- 身の危険にさらされているのは、フィッシングを伴うランサムウェア攻撃である。
- CISAとシスコによると、データ侵害の90%はフィッシング攻撃の結果であり、その総損失は100億ドルを超えている。
- ジェネレーティブAIツールの登場により、サイバー犯罪者はフィッシング攻撃をより効果的に行えるようになり、また大規模な攻撃を自動化することも可能になった。
- これにより、通常のフィッシング防御策は効果が薄くなり、従来のMFA技術も時代遅れになってしまった。
- 次世代のMFAデバイス(Token Ringなど)は、フィッシング攻撃から組織を守る最善の方法である。

vulnerability
2024-01-11 11:40:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品macOS
脆弱性サマリAtomic Stealer(またはAMOS)というmacOS情報盗聴ツールのアップデート版が発見され、脅威の背後にいる脅威係数がその機能を強化していることが判明しました。
重大度不明
RCE
攻撃観測
PoC公開不明

incident
2024-01-11 06:10:00

被害状況

事件発生日2023年1月3日
被害者名Mandiant's X
被害サマリ2023年1月3日にMandiant's Xアカウントがハックされ、フィッシングページをリンクしたリンクを広めることができた。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリブルートフォースパスワード攻撃
マルウェアCLINKSINK
脆弱性不明

vulnerability
2024-01-11 05:29:00

被害状況

事件発生日2023年12月~2024年1月(不明)
被害者名不明
被害サマリ中国のハッカーグループが、Ivanti Connect SecureとPolicy Secureのゼロデイ脆弱性を悪用して、10件未満の顧客に侵入した。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名中国(中国のハッカーグループUTA0178による攻撃)
攻撃手法サマリIvanti Connect SecureとPolicy Secureのゼロデイ脆弱性を連携して攻撃。認証を必要とせずに任意のコマンドを実行できる。
マルウェアGLASSTOKEN(カスタムウェブシェル)
脆弱性Ivanti Connect SecureとPolicy SecureのWebコンポーネントでの認証バイパス(CVE-2023-46805)とコマンドインジェクション(CVE-2024-21887)

脆弱性

CVECVE-2023-46805, CVE-2024-21887
影響を受ける製品Ivanti Connect Secure (ICS)、Policy Secure
脆弱性サマリIvanti Connect SecureとPolicy Secureには2つの脆弱性が存在し、これらの脆弱性を悪用されることで、認証されていないコマンドの実行や、任意のコマンドの実行が可能となる。
重大度CVE-2023-46805: 8.2, CVE-2024-21887: 9.1
RCE
攻撃観測
PoC公開

vulnerability
2024-01-11 04:55:00

脆弱性

CVECVE-2024-20272
影響を受ける製品Cisco Unity Connection
脆弱性サマリWebベースの管理インターフェースにある任意のファイルのアップロードに関する脆弱性
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2024-01-10 22:21:44

被害状況

事件発生日2024年1月10日
被害者名MandiantのXアカウント
被害サマリDrainer-as-a-Service (DaaS)グループによるハッキング。ハッカーはMandiantのTwitter/Xアカウントを乗っ取り、リンクを共有してフォロワーをフィッシングページに誘導して暗号通貨を盗んだ。
被害額被害額は不明(予想)

攻撃者

攻撃者名Drainer-as-a-Service (DaaS)グループ
攻撃手法サマリパスワードのブルートフォース攻撃
マルウェアCLINKSINK
脆弱性不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4228件)