セキュリティニュースまとめる君 Github
vulnerability
2023-08-18 17:20:51

脆弱性

CVECVE-2023-40477
影響を受ける製品WinRAR
脆弱性サマリWinRARは、RARアーカイブを開くだけでコンピュータ上でコマンドを実行することができる高度な脆弱性が修正されました。
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2023-08-18 15:44:10

被害状況

事件発生日2023年8月18日
被害者名Hotmailユーザー
被害サマリMicrosoftがドメインのDNS SPFレコードを誤って設定したため、Hotmailのメール送信に問題が生じ、メッセージがスパムとしてフラグ付けされたり、配信が失敗したりしている。
被害額不明

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ攻撃手法の詳細は記事には記載されていない。
マルウェアマルウェアの詳細は記事には記載されていない。
脆弱性脆弱性の情報は記事には記載されていない。

incident
2023-08-18 14:39:02

被害状況

事件発生日2023年4月より
被害者名不明
被害サマリ14名の疑わしいサイバー犯罪者が逮捕され、25か国で2万以上のサイバー犯罪ネットワークが摘発されました。これらの犯罪者は、詐欺、フィッシング、BEC、オンライン詐欺などを行っており、被害総額は4000万ドル以上です。
被害額4000万ドル以上

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ不明
マルウェア不明
脆弱性不明

incident
2023-08-18 12:40:00

被害状況

事件発生日2023年8月18日
被害者名不明
被害サマリ25ヶ国を対象とした共同の執行機関作戦により、14人のサイバー犯罪容疑者が逮捕された。捜査では、20,674のサイバーネットワークが特定され、約4000万ドルの損失を引き起こした。
被害額$40 million

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ不明
マルウェア不明
脆弱性不明

vulnerability
2023-08-18 11:49:00

被害状況

事件発生日2023年8月18日
被害者名複数の政府機関
被害サマリ中国のハッカーグループ「Storm-0558」が、MicrosoftのOutlookサービスを実行しているウェブメールアカウントに、偽のデジタル認証トークンを使用して攻撃を行った。攻撃者はMicrosoftから署名キーを盗み、Outlook Web Access(OWA)およびOutlook.comの機能的なアクセストークンを発行し、メールや添付ファイルをダウンロードすることができるようにした。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名中国のハッカーグループ「Storm-0558」
攻撃手法サマリ偽のデジタル認証トークンを使用して、Outlookサービスにアクセスし、メールや添付ファイルをダウンロードする
マルウェア不明
脆弱性不明

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Microsoft Outlook
脆弱性サマリ中国のハッカーグループによって行われた攻撃で、MicrosoftのAzure Active Directoryにおいて、デジタル署名が意図しないアカウントにも機能してしまい、メールと添付ファイルのダウンロードが可能になった。
重大度
RCE不明
攻撃観測
PoC公開

vulnerability
2023-08-18 11:48:00

被害状況

事件発生日Aug 18, 2023
被害者名Zimbra Email Users
被害サマリZimbra Collaborationメールサーバーのユーザーを対象にした社会工学攻撃キャンペーン。目的はログイン情報の収集。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ社会工学攻撃キャンペーン
マルウェア不明
脆弱性不明

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Zimbra Collaboration email server
脆弱性サマリZimbra Collaboration email serverのユーザーが標的になる社会工学的攻撃キャンペーン
重大度不明
RCE
攻撃観測
PoC公開

incident
2023-08-18 10:57:00

被害状況

事件発生日2023年8月18日
被害者名不明
被害サマリ新しいバージョンのBlackCatランサムウェアが発見されました。これにはImpacketとRemComなどのツールが埋め込まれており、横断的な移動とリモートコード実行を容易にします。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明(中国とイランの国家的脅威アクターが使用したことがあるとされている)
攻撃手法サマリImpacketというツールを使用して、ブロードデプロイメントに使用できるcredential dumpingおよびリモートサービス実行モジュールがあります。また、RemComというハックツールもリモートコード実行のために埋め込まれています。
マルウェアBlackCatランサムウェア、Impacket、RemCom
脆弱性不明

vulnerability
2023-08-18 06:51:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Google Chromeの拡張機能
脆弱性サマリGoogle Chromeの新機能により、ユーザーに拡張機能の自動削除の警告が表示される
重大度なし
RCEなし
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2023-08-17 22:05:12

被害状況

事件発生日2023年7月
被害者名不明
被害サマリBlackCat ransomwareの新しいバージョンが使用され、ImpacketとRemcomというハッキングツールが埋め込まれた。被害者のネットワーク内での横断的な拡散が可能になった。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリImpacketフレームワークとRemcomハッキングツールを使用して、ネットワーク内での拡散を行った。
マルウェアBlackCat ransomware
脆弱性不明

incident
2023-08-17 20:17:18

被害状況

事件発生日2023年8月17日
被害者名不明
被害サマリ主要なオークションハウスのネットワークに侵入され、不正アクセスを希望する者に12万ドルの支払いを要求されました。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ不明
マルウェア不明
脆弱性不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4228件)