セキュリティニュースまとめる君 Github
vulnerability
2024-01-13 10:45:00

脆弱性

CVECVE-2024-21591
影響を受ける製品Juniper SRXシリーズファイアウォールおよびEXシリーズスイッチ
脆弱性サマリJ-Webにおけるout-of-bounds write vulnerabilityにより、認証されていないネットワークベースの攻撃者がサービス拒否 (DoS) やリモートコード実行 (RCE) を引き起こし、デバイスでroot権限を取得できる
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2024-01-13 10:01:00

被害状況

事件発生日2024年1月13日
被害者名未記載
被害サマリウクライナの29歳の男性が、クラウドサービスを悪用して「洗練されたクリプトジャッキングの計画」を実行し、違法な利益200万ドル(180万ユーロ)を得た。
被害額200万ドル(180万ユーロ)

攻撃者

攻撃者名未記載(ウクライナ国籍)
攻撃手法サマリクラウドのインフラの侵入を通じて、無断で被害者のコンピュータリソースを使用し、暗号通貨をマイニングする。
マルウェア未記載
脆弱性未記載

vulnerability
2024-01-12 22:06:44

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品なし
脆弱性サマリなし
重大度なし
RCEなし
攻撃観測なし
PoC公開なし

vulnerability
2024-01-12 19:24:31

脆弱性

CVECVE-2023-29357
影響を受ける製品Microsoft SharePoint Server
脆弱性サマリMicrosoft SharePointの特権昇格のための認証回避が可能
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開

vulnerability
2024-01-12 17:54:32

脆弱性

CVECVE-2023-7028, CVE-2023-5356
影響を受ける製品GitLab Community Edition、GitLab Enterprise Edition
脆弱性サマリ1. CVE-2023-7028: 認証の問題により、未検証のメールアドレスにパスワードリセット要求が送信され、アカウントを乗っ取られる可能性がある。2. CVE-2023-5356: Slack / Mattermostの統合を悪用して、他のユーザーとしてスラッシュコマンドを実行できる。
重大度1. CVE-2023-7028: 最大10(重大)2. CVE-2023-5356: 9.6(重大)
RCE有(CVE-2023-5356)
攻撃観測なし
PoC公開なし

vulnerability
2024-01-12 17:36:05

脆弱性

CVECVE-2024-21591
影響を受ける製品Juniper NetworksのSRXシリーズファイアウォールとEXシリーズスイッチ
脆弱性サマリJ-Web構成インターフェースにおける未認証のリモートコード実行(RCE)脆弱性
重大度
RCE
攻撃観測
PoC公開不明

incident
2024-01-12 15:30:18

被害状況

事件発生日2024年1月12日
被害者名不明
被害サマリハッカーは、Ivanti Connect Secureの2つのゼロデイ脆弱性を利用して、スパイ目的のために複数のカスタムマルウェアを展開していた。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリゼロデイ脆弱性を悪用して認証をバイパスし、任意のコマンドを注入することで、カスタムマルウェアを展開している。
マルウェアZipline Passive Backdoor、Thinspool Dropper、Wirefire web shell、Lightwire web shell、Warpwire harverster、PySoxy tunneler、BusyBox、Thinspool utilityなどのカスタムマルウェアが使用されている。
脆弱性CVE-2023-46805とCVE-2024-21887の2つのゼロデイ脆弱性が悪用されている。

vulnerability
2024-01-12 13:53:00

脆弱性

CVECVE-2023-46805, CVE-2024-21887
影響を受ける製品Ivanti Connect Secure (ICS) VPN appliances
脆弱性サマリIvanti Connect Secure(ICS)VPNアプライアンスには、2つのゼロデイ脆弱性が存在し、これを利用して攻撃者が攻撃を行っていた。
重大度不明
RCE
攻撃観測
PoC公開

incident
2024-01-12 13:23:00

被害状況

事件発生日Jan 12, 2024
被害者名情報なし
被害サマリMedusaランサムウェアのグループが、ダークウェブ上でのデータリークサイトの運営を開始し、2023年2月以降、要求に応じない被害者の機密データを公開している。このグループは、ビクティムに対してデータの展示期間延長、データ削除、またはすべてのデータのダウンロードなど、多様な選択肢を提供し、その都度価格が設定されている。
被害額情報なし(予想)

攻撃者

攻撃者名情報なし
攻撃手法サマリ攻撃者は、インターネットに公開された脆弱性を利用したり、正規のアカウントを乗っ取ったりして、企業のネットワークを標的にする。攻撃の初期段階では、ウェブシェルやリモート監視・管理ソフトウェアをインストールするための経路として、Microsoft Exchange Serverが悪用されている。
マルウェアMedusaランサムウェア
脆弱性情報なし

vulnerability
2024-01-12 13:03:00

脆弱性

CVECVE-2023-7028
影響を受ける製品GitLab Community Edition (CE) 16.1以前、Enterprise Edition (EE) 16.1以前
脆弱性サマリメールの検証プロセスのバグにより、未確認のメールアドレスに対してパスワードリセットのメールが送信され、アカウント乗っ取りが可能
重大度高 (CVSSスコア10.0)
RCEなし
攻撃観測不明
PoC公開不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4229件)