セキュリティニュースまとめる君 Github
incident
2023-10-11 16:10:13

被害状況

事件発生日2023年10月11日
被害者名Microsoft 365の顧客
被害サマリExchange Onlineメールの配信に問題があり、外部組織からのメールの受信に遅延やエラーが発生している。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリエラーメッセージの表示や受信の遅延を引き起こすIPアドレスのスパム規則の誤った適用
マルウェア利用されていない
脆弱性利用されていない

incident
2023-10-11 15:29:07

被害状況

事件発生日2023年10月11日
被害者名不明
被害サマリWindows Server 2012とWindows 11の21H2エディションがサポート終了
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ情報なし
マルウェアなし
脆弱性なし

incident
2023-10-11 14:29:13

被害状況

事件発生日2023年9月14日以降
被害者名不明
被害サマリ中国をバックにした脅威グループ「Storm-0062」が、Atlassian Confluence Data CenterおよびServerの重要な特権エスカレーションのゼロデイ脆弱性を2023年9月14日以降に悪用していた。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名中国の国家安全部に関連する「Storm-0062」
攻撃手法サマリAtlassian Confluenceの特権エスカレーションのゼロデイ脆弱性(CVE-2023-22515)を悪用
マルウェア不明
脆弱性Atlassian Confluenceの特権エスカレーションのゼロデイ脆弱性(CVE-2023-22515)

other
2023-10-11 14:01:02
- Microsoft CopilotはMicrosoft 365のアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Teams、Outlookなど)の中に存在するAIアシスタントであり、ユーザーのドキュメント、プレゼンテーション、メールなど、すべてのデータにアクセスすることができる。
- Copilotはさまざまな利用シナリオで使用され、例えば、提案書の作成や会議の要約、メールの優先順位付け、データの解析などを行うことができる。
- Copilotの動作は、ユーザーがアプリケーションにプロンプトを入力し、それがLLM(GPT4のようなもの)に送られて応答が生成され、M365アプリに返されるという流れで行われる。
- Copilotのセキュリティモデルでは、テナントの分離とトレーニングの境界が重要な要素となるが、個々のユーザーが閲覧権限を持つ組織のデータにアクセスできる点や、Copilotが生成するコンテンツがファイルのラベルを継承しない点などが課題となっている。
- 最後に、Copilotの使用には人間の責任が求められるとされており、AIが生成するコンテンツを検証する必要があると述べられている。

incident
2023-10-11 13:55:34

被害状況

事件発生日2023年10月10日
被害者名Simpson Manufacturing
被害サマリSimpson Manufacturingはサイバー攻撃によりITシステムが停止した。攻撃の影響により、事業運営に混乱が生じており、今後も継続する可能性がある。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ不明
マルウェア不明
脆弱性不明

incident
2023-10-11 13:00:00

被害状況

事件発生日2023年7月〜2023年8月
被害者名不明
被害サマリLinkedInのSmart Linksを悪用したフィッシング攻撃。悪意のあるリンクを含んだ誤った電子メールが、さまざまな業種のターゲットに送られた。
被害額不明

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリフィッシング攻撃において、LinkedInのSmart Linksを悪用してMicrosoftアカウントの資格情報を盗む。
マルウェア不明
脆弱性不明

incident
2023-10-11 12:41:00

被害状況

事件発生日2023年9月(詳細な日付不明)
被害者名17,000以上のWordPressウェブサイト
被害サマリBalada Injectorマルウェアによって17,000以上のWordPressウェブサイトが侵害された。
被害額情報なし(予想)

攻撃者

攻撃者名情報なし
攻撃手法サマリ不特定のユーザがWebサイトにストアド型クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を実行できる脆弱性(CVE-2023-3169)を利用して、Balada Injectorマルウェアを配布した。
マルウェアBalada Injectorマルウェア
脆弱性tagDiv Composerプラグインの脆弱性(CVE-2023-3169)

vulnerability
2023-10-11 12:26:00

脆弱性

CVECVE-2023-21608
影響を受ける製品Adobe Acrobat Reader
脆弱性サマリAdobe Acrobat Readerには高度な悪用が行われる可能性のある脆弱性が存在
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開

other
2023-10-11 12:02:00
- パスワードの再利用はビジネスアカウントにとって個人アカウントよりも重大なリスクを伴う
- パスワードの再利用は多くの組織において問題となっている
- MFA(Multi-factor authentication)は追加のセキュリティ層を提供するが、攻撃者はさまざまな方法で認証を回避することができる
- Specops Password Policyは、Active Directory環境において強力なパスワードポリシーを強制することができる
- Specops Password Policyは4,000万以上の既知のパスワードをブロックし、継続的な脅威からのパスワード再利用を防ぐことができる

vulnerability
2023-10-11 07:00:00

脆弱性

CVECVE-2023-36563, CVE-2023-41763
影響を受ける製品Microsoft WordPad, Skype for Business
脆弱性サマリCVE-2023-36563: Microsoft WordPadの情報開示の脆弱性
CVE-2023-41763: Skype for Businessの特権昇格の脆弱性
重大度13件がCritical、90件がImportant
RCE不明
攻撃観測不明
PoC公開不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4229件)