セキュリティニュースまとめる君 Github
vulnerability
2024-01-23 16:44:05

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Jason's Deli(オンラインプラットフォーム)
脆弱性サマリCredential stuffing attackによってデータが漏洩
重大度なし
RCE
攻撃観測
PoC公開なし

vulnerability
2024-01-23 15:41:20

脆弱性

CVECVE-2024-0204
影響を受ける製品GoAnywhere MFT(Managed File Transfer)6.xから6.0.1、7.4.0以前
脆弱性サマリGoAnywhere MFTの認証バイパスの脆弱性で、管理者ユーザーを作成できる
重大度高(CVSS v3.1スコア9.8)
RCE不明
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2024-01-23 14:33:00

被害状況

事件発生日2022年~2023年
被害者名被害者は明らかではありません
被害サマリVexTrioは、クリアフェイク、SocGholish、およびその他のエージェントと提携し、広範囲な「犯罪系アフィリエイトプログラム」を展開しています。このプログラムにより、詐欺、リスクウェア、スパイウェア、アドウェア、ポルノコンテンツなどを広めるために、VexTrioは辞書ドメイン生成アルゴリズム(DDGA)に基づいたドメインを利用しています。また、VexTrioは70,000以上の既知のドメインネットワークを運営しており、ClearFake、SocGholish、TikTok Refreshなど60以上のアフィリエイトに対してトラフィックを提供しています。
被害額被害額は記事に明記されていません(予想)

攻撃者

攻撃者名攻撃者の具体的な名前は不明です
攻撃手法サマリ記事には攻撃手法に関する具体的な情報は記載されていません
マルウェアクリアフェイク、SocGholish、Gluptebaなど、複数のマルウェアが利用されている可能性があります
脆弱性記事には攻撃に利用された脆弱性に関する具体的な情報は記載されていません

vulnerability
2024-01-23 14:19:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品npmパッケージ
脆弱性サマリ悪意のあるパッケージがGitHubを通じて開発者のSSHキーを窃取
重大度
RCE不明
攻撃観測
PoC公開

incident
2024-01-23 13:40:23

被害状況

事件発生日2022年10月
被害者名Medibank
被害サマリMedibankは2022年10月にランサムウェア攻撃を受け、オペレーションとビジネスに混乱をもたらしました。ハッカーは顧客の個人データにアクセスし、約1000万人分のデータを流出させました。
被害額不明

攻撃者

攻撃者名Aleksandr Gennadievich Ermakov
攻撃手法サマリランサムウェア攻撃(REvil ransomware groupによる)
マルウェアREvil ransomware
脆弱性不明

vulnerability
2024-01-23 13:40:23

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Medibank(オーストラリアの大手医療保険プロバイダー)
脆弱性サマリMedibankのデータ侵害
重大度不明
RCE不明
攻撃観測
PoC公開なし

incident
2024-01-23 13:40:23

被害状況

事件発生日2022年10月
被害者名Medibank
被害サマリMedibankは2022年10月にランサムウェアの攻撃を受け、多くの顧客の個人情報が流出した。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名Aleksandr Gennadievich Ermakov
攻撃手法サマリランサムウェアの攻撃
マルウェアREvil(リヴル)
脆弱性不明

vulnerability
2024-01-23 12:27:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Apple macOS Ventura 13.6以降を実行するマシン
脆弱性サマリクラックされたソフトウェアがMACユーザーを感染させ、システム情報と仮想通貨ウォレットデータを収集するマルウェア
重大度なし
RCEなし
攻撃観測
PoC公開

other
2024-01-23 11:33:00
- Gcoreが公開したGcore Radarレポートによると、DDoS攻撃の規模と洗練度が増していることが分かった。
- 過去3年間でDDoS攻撃のピーク容量は大幅に増加し、2023年第3四半期から第4四半期には1600 Gbps (1.6 Tbps)にまで達した。
- 攻撃の長さは3分から9時間まで様々であり、長い攻撃ほどより多くのリソースを必要とする。
- 主要な攻撃タイプはUDP floodであり、62%のDDoS攻撃を占める。
- 攻撃源の地理的分布は広範であり、アメリカが24%で最も多く、その他にインドネシア、オランダ、タイ、コロンビア、ロシア、ウクライナ、メキシコ、ドイツ、ブラジルが続く。

incident
2024-01-23 10:25:00

被害状況

事件発生日2023年3月
被害者名被害者は不明
被害サマリBreachForumsは盗まれたデータの取引を可能にする主要なサイバー犯罪マーケットプレイスであり、銀行口座情報や社会保障番号、個人情報、ハッキングツール、侵害されたデータベース、オンラインアカウントのログイン情報などが販売されました。影響を受けたアメリカの市民とアメリカと外国の企業、団体、政府機関は数百万人に及ぶと推定されています。
被害額被害額は記事に明記されていないため、不明(予想)

攻撃者

攻撃者名攻撃者の具体的な名前は不明
攻撃手法サマリ記事には攻撃手法の詳細は明記されていないが、BreachForumsの運営者であるConor Brian Fitzpatrickが逮捕され、裁判で有罪となったことが報じられている。
マルウェア記事には具体的なマルウェアの名称は明記されていない
脆弱性記事には攻撃に利用された脆弱性の詳細は明記されていない

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4227件)