セキュリティニュースまとめる君 Github
incident
2024-01-18 16:31:00

被害状況

事件発生日2024年1月18日
被害者名不明
被害サマリ脆弱なDockerサービスが標的となり、XMRig暗号通貨マイナーや9Hits Viewerソフトウェアがマルチプロングモネタイゼーション戦略の一環として展開されている
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリ検索エンジン(Shodanなど)を使用して脆弱なDockerホストをスキャンし、Docker APIを介して2つの悪意のあるコンテナをデプロイする
マルウェア9HitsとXMRig
脆弱性不明

incident
2024-01-18 16:08:46

被害状況

事件発生日不明
被害者名不明
被害サマリConor Brian Fitzpatrick氏が運営していたBreachForumsというハッキングフォーラムが、盗まれたデータの販売や交換などを支援していた。
被害額(予想)不明

攻撃者

攻撃者名Conor Brian Fitzpatrick
攻撃手法サマリ不明
マルウェア不明
脆弱性不明

vulnerability
2024-01-18 15:02:04

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品なし
脆弱性サマリInfostealerマルウェアを使用して資格情報を盗むことができるリスク
重大度不明
RCE不明
攻撃観測不明
PoC公開なし

incident
2024-01-18 14:49:00

被害状況

事件発生日2022年11月以降
被害者名不明
被害サマリロシアのハッカーグループCOLDRIVERが特定の組織や国に対して、PDF文書を使ってマルウェアを侵入させる攻撃を実施している。
被害額(予想)不明

攻撃者

攻撃者名COLDRIVER(ロシアのハッカーグループ)
攻撃手法サマリCOLDRIVERはPDF文書を使用し、標的組織に対してフィッシング攻撃を行い、マルウェアを侵入させる。
マルウェアSPICA(カスタムマルウェア)、Scout(軽量バックドア)
脆弱性不明

vulnerability
2024-01-18 14:00:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品不明
脆弱性サマリRussian FSB hackers deploy new Spica backdoor malware
重大度不明
RCE
攻撃観測
PoC公開不明

vulnerability
2024-01-18 12:34:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品TensorFlow
脆弱性サマリTensorFlowのCI/CDの設定ミスにより、サプライチェーン攻撃が可能であった
重大度
RCE
攻撃観測
PoC公開

other
2024-01-18 12:02:00
- MFA spammingは、ユーザーのメールや電話などのデバイスに大量のMFAプロンプトや確認コードを送る悪意のある行為である。
- MFA spamming攻撃には、自動化ツールを使用してユーザーのデバイスに多数の認証要求を洪水のように送る方法や、ソーシャルエンジニアリングの手法を使用してユーザーを誤って認証要求を承認させる方法などがある。
- MFA spamming攻撃の例として、Coinbase社のSMSマルチファクタ認証を迂回して暗号通貨を盗む攻撃や、Crypto.comの顧客に対して大量の通知を送り、不正な取引を誤って承認させる攻撃が挙げられる。
- MFA spamming攻撃を防ぐための効果的な戦略には、強力なパスワードポリシーの実施と侵害されたパスワードのブロック、エンドユーザーのトレーニング、レート制限の実施、モニタリングとアラートの設定などがある。
- MFA spammingに対する適切な対策を実施することで、組織は効果的にセキュリティを強化し、MFA spamming攻撃に対する保護を確保することができる。

vulnerability
2024-01-18 11:00:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Docker
脆弱性サマリDockerの脆弱性を悪用し、XMRigマイナーと9hitsビューアアプリを侵害されたホストに展開する攻撃が行われています。
重大度不明
RCE
攻撃観測
PoC公開

vulnerability
2024-01-18 09:47:26

脆弱性

CVE なし
影響を受ける製品 Jira Work Management, Jira Software, Jira Service Management, Jira Product Discovery
脆弱性サマリ Jiraのサービスに接続の問題が発生している
重大度 なし
RCE 不明
攻撃観測 不明
PoC公開 不明

vulnerability
2024-01-18 09:19:00

脆弱性

CVECVE-2023-45229, CVE-2023-45230, CVE-2023-45231, CVE-2023-45232, CVE-2023-45233, CVE-2023-45234, CVE-2023-45235, CVE-2023-45236, CVE-2023-45237
影響を受ける製品AMI、Intel、Insyde、Phoenix TechnologiesのUEFIファームウェア
脆弱性サマリUEFIのTCP/IPネットワークプロトコルスタックに複数の脆弱性が存在し、リモートコード実行、DoS攻撃、DNSキャッシュポイズニング、機密情報の漏洩などが可能
重大度
RCE
攻撃観測
PoC公開

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423»(全4229件)