セキュリティニュースまとめる君 Github
vulnerability
2024-05-18 18:23:11

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Windows
脆弱性サマリWindowsシステム管理者を狙ったランサムウェア攻撃
重大度
RCE
攻撃観測
PoC公開

incident
2024-05-18 14:12:24

被害状況

事件発生日2024年5月18日
被害者名銀行顧客約1,500人(銀行顧客全般)
被害サマリAndroidバンキングトロイの「Grandoreiro」が60か国以上で大規模なフィッシングキャンペーンを展開、約1,500の銀行の顧客口座を標的としている。
被害額$120 million(推定)

攻撃者

攻撃者名不明、前述の逮捕された人物の役割についても情報が提供されていない
攻撃手法サマリフィッシング攻撃
マルウェアGrandoreiro(バンキングトロイの一種)
脆弱性不明

vulnerability
2024-05-17 21:30:56

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Windows Quick Assist
脆弱性サマリWindows Quick AssistがBlack Bastaランサムウェア攻撃に悪用されている
重大度
RCE不明
攻撃観測
PoC公開不明

other
2024-05-17 18:53:52
  1. Microsoftは7月からAzureでの複数要素認証(MFA)強制を開始
  2. この強制はAzureポータルから始まり、その後CLI、PowerShell、Terraformへも拡大
  3. 特定のシナリオに対する顧客の入力を引き続き取り入れる
  4. MicrosoftはMFAを使用したユーザーアカウントのセキュリティパフォーマンスを分析
  5. Microsoftはすべての管理者に100%のMFAを目指している

vulnerability
2024-05-17 17:20:00

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Kinsing (H2Miner) マルウェア
脆弱性サマリKinsingグループが新たに開示された脆弱性を活用してボットネットを拡大し、クリプトジャッキングを行っている。
重大度
RCE不明
攻撃観測
PoC公開不明

vulnerability
2024-05-17 16:13:25

脆弱性

CVEなし
影響を受ける製品Regulation S-Pに従う金融機関
脆弱性サマリデータ漏洩事故発生時に30日以内に関係者に通知が必要
重大度
RCE
攻撃観測不明
PoC公開不明

incident
2024-05-17 15:57:32

被害状況

事件発生日不明
被害者名不明
被害サマリ暗号通貨投資詐欺の「豚解体」として知られる犯罪リングによる少なくとも7300万ドルの資金洗浄で2人が逮捕された。
被害額7300万ドル(拡大推計)

攻撃者

攻撃者名中国籍のDaren LiとYicheng Zhang
攻撃手法サマリ暗号通貨投資詐欺を利用し、被害者の暗号通貨を偽の投資スキームに誘導して不正に入手。
マルウェア不明
脆弱性不明

incident
2024-05-17 14:45:02

被害状況

事件発生日2023年4月18日から4月23日まで
被害者名WebTPAおよび関連保険会社の顧客
被害サマリ個人情報漏洩(フルネーム、連絡先情報、生年月日、社会保障番号、保険情報)
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名不明
攻撃手法サマリネットワークへの不正アクセス
マルウェア特記事項なし
脆弱性特記事項なし

other
2024-05-17 11:29:00
  1. XM Cyberが2024年に行った調査で、多くの組織がセキュリティに焦点を当てている領域と、最も深刻な脅威のある領域との間に大きなギャップがあることが判明。
  2. 調査結果によると、組織が直面している脆弱性のうち、ほぼ86%はリモートコード実行の脆弱性ではなく、アイデンティティと資格情報の設定ミスが80%を占め、攻撃者に悪用される可能性がある。
  3. 従来のセキュリティではすべての脆弱性を修正しようとしていたが、74%は攻撃者にとって行き詰まりとなり、実際の脅威を示さない。残りの26%の露出が攻撃者に攻撃を伝播させる可能性があり、セキュリティチームはこれに焦点を当てるべき。
  4. 産業別に異なるサイバーセキュリティリスクがあり、業界ごとに異なるセキュリティアプローチが必要。業界ごとに攻撃対象の特性を理解することが重要。
  5. 脆弱性の管理は一度限りのプロジェクトではなく、常に変化し続けるプロセスであり、CVEの修正に過剰な焦点を当てることから脆弱性管理が放置されがち。

incident
2024-05-17 11:20:00

被害状況

事件発生日2024年5月17日
被害者名アジア太平洋地域を標的としたサイバースパイ活動の被害者(具体的な個人や組織の名前は不明)
被害サマリブラックテックと呼ばれる中国関連のハッカーグループによるサイバー諜報活動のため、Deuterbearとして知られるリモートアクセストロイの使用。この攻撃は、2007年以来活動しているブラックテックによるもので、Waterbearというマルウェアが15年間使用されてきたが、2022年以降、Deuterbearという新バージョンも使用されている。
被害額不明(予想)

攻撃者

攻撃者名中国と関連があるブラックテック(Circuit Panda、Earth Hundun、HUAPI、Manga Taurus、Palmerworm、Red Djinn、Temp.Overboard等の異なる名前でも知られている)
攻撃手法サマリDeuterbear RATを使用したサイバー諜報活動。Waterbearと同様に2段階の感染手法を用い、C&C通信にHTTPSを採用。
マルウェアDeuterbear、Waterbear
脆弱性不明

«123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249250251252253254255256257258259260261262263264265266267268269270271272273274275276277278279280281282283284285286287288289290291292293294295296297298299300301302303304305306307308309310311312313314315316317318319320321322323324325326327328329330331332333334335336337338339340341342343344345346347348349350351352353354355356357358359360361362363364365366367368369370371372373374375376377378379380381382383384385386387388389390391392393394395396397398399400401402403404405406407408409410411412413414415416417418419420421422423424425426427428429430431432433434435436437438439440441442443444445»(全4445件)